記事一覧

あたがし。

ファイル 1208-1.jpgファイル 1208-2.jpg

強風の日が続いたので、オコゼがとれなくて代りにアカハタ。きれいな朱色で水槽が華やかになる。それにしても春三番くらいまで吹いたのでは?台風のようでした。
こちらはスマカツオと白身はオコゼ。

アカムツ。

ファイル 1207-1.jpgファイル 1207-2.jpgファイル 1207-3.jpg

小さなノドグロの塩焼き。小さいので脂がそれほどありませんがやはりおいしそうです。これで一匹350~400g、せめてこれの倍の大きいさが欲しい。大きいときっと味が違うと思う。
ヒロメはこんなお寿司になります。

あたがし。

ファイル 1206-1.jpgファイル 1206-2.jpg

アカハタの鍋。強風が続いたために、予約日までに水揚げされたのが一匹だけ。間にあってホッとしている。魚の代りにエビが山盛り。甘味がでていいんじゃないですか。

しまあじ。

ファイル 1205-1.jpgファイル 1205-2.jpg

シマアジ持ち込み。造り盛り合わせにしてほしいと頼まれた。これは養殖ですね。

ひろめ。

ファイル 1204-1.jpg

初入荷!まだ田辺からの養殖ですが、今まで冷凍したのを使っていたのでこれで充分。処理に時間がかかるので毎日少しだけ仕入れる。そのうちに天然ものがでてきて値段も下がる。40キロくらいあると1年間持つ勘定。40キロのうち使えるのは約半分、後は捨てる。もったいないけど柔らかいところだけ使うのでしかたない。磯の香、満喫してください。

お休み。

ファイル 1203-1.jpgファイル 1203-2.jpgファイル 1203-3.jpg

9日休みます。昨夜は久しぶりのフグ鍋でした。小さいフグでしたがやはり天然ものはおいしかったようです。早咲きの桜が古座川から届いた。明日から寒くなるようですが部屋の中はもう春。

立春。

ファイル 1202-1.jpgファイル 1202-2.jpgファイル 1202-3.jpg

このところ一時の寒さもやわらいだと思ったら、もう立春ですものね。昨日は北北西に向かって海苔巻きを食べて福を巻き込んだのでしょう。私は福を呼び込む前、2日の日にバイクで転倒して痛い、痛いと泣いています。幸い打ち身と擦り傷だけですんだが今年も福は遠いようです。遊んできた後の罰でもあるのかと思ってしまう。

なばなの里。

ファイル 1201-1.jpgファイル 1201-2.jpgファイル 1201-3.jpgファイル 1201-4.jpg

朝8時過ぎに串本を出て、13時に某ホテルに着き昼ごはん。朝の残り物のような最低なランチバイキングだった。それから三井アウトレットへ。あまりの広さに2時間うろうろしたが、結局何も買わず。夕方なばなの里に着きウインターイルミネーションを見て、また4時間バスに乗って23時に家に到着。あ~、疲れた。なばなの里はとても綺麗だったが、残念だったのがランチでした。

ビンチョウマグロ。

ファイル 1200-1.jpgファイル 1200-2.jpgファイル 1200-3.jpg

トンボシビの腹身のところ、今のところまだ脂ののりがわるいようです。背の方はもっと色が薄くて使っていません。
しばらくの間寒い日が続いたので家の中でも水槽の水温が下がりすぎてしまい、サザエがちじこまってしまった。15度くらいでこの状態、これ以上下がると仮死状態になる。

梅。

ファイル 1199-1.jpgファイル 1199-2.jpg

いただいた時は硬いつぼみだったが、暖かい部屋に入れるといっぺんに開花。良い匂いが漂っている。
年明けから3月にかけて産卵のために沿岸に近づいてくる、ヒガンフグ。今年初めてのが3匹、2匹は残念ながらメス、これはオスらしいので白子がとれるかも。

ページ移動