獅子舞が南紀に伝わったのは、今から約200年前の江戸時代、串本大島、須江地区の獅子舞について紹介

和歌山県、本州最南端串本の沖合に静かに浮かぶ紀伊大島

 民謡♪ここは串本、向かいは大島、仲を取り持つ巡航船・・と串本節に唄われた巡航船はくしもと大橋の開通とともに姿を消しました。

 しかし、島の中央部、須江地区で江戸時代後期より200年以上も受け継がれ舞わされ続けている「須江の獅子舞」をご存知でしょうか。

紀伊半島で今も、たくさん伝承されている「古座獅子」の流れを汲む獅子舞の一つで、樫野「雷公神社」秋季例祭で奉納されている「須江の獅子舞」をご紹介させていただきます。
 

English Here


今から250年以上昔の江戸時代、古座に(現在の古座、古座川あたり)伊勢より太神楽が伝わり、それが串本、大島に広まり、当時の「潮岬会合(広域漁業組織)」の影響で、周辺の地域へと広まっていったのが、現在、紀伊半島で伝承されている獅子舞だと言われています。

それぞれの獅子舞は、伊勢神楽獅子、古座獅子を継承しつつも、それぞれ地区に融合し独自の変革をしながら現在に至っています。

その数は、口熊野から熊野一帯に掛け、50地区は残っているものと思われ、古座、古座川、串本地区だけでも、22地区が確認されています。

須江の獅子舞は、約150年前の江戸時代に「この年、須江浦にて獅子舞奉納される・・」と言う文書があり、串本町の獅子舞の記録にも「安永八年(西暦1779年)串本の若い衆、升屋宇兵衛宅を宿に、古座から獅子舞の師匠を雇い稽古始める・・」と言う書簡があり、同じ雷公神社の氏子である樫野地区と前後して伝わったものと想像されます。
 

雷公神社と秋季例祭 須江の獅子舞
■平成26年祭典ギャラリー 更新中!   ■須江獅子保存会ブログ 更新中!

祭りと伝統芸能について
地域に残る伝統芸能は、神社が行う「神事」ではなく、氏子が氏神様である神社へ奉納する芸能の一種と捉えられています。
お祭りや地域に残っている伝統的芸能を続けていく事は、伝統を継承していくと言う事だけではありません。
祭りや伝統芸能を行うには、当事者だけでは出来ず、練習や準備など地域の人々の協力が不可欠です。
そう言う意味で完成したときの充実感や達成感も格別で、自信にもつながり、異なった年代の人達とのコミュニケーションを深める事は、若者にとっても成長の切っ掛けにもなり、地域の絆も深まります。
祭りはまた、年長者から礼儀を教わる機会にもなり、学校で学ぶ事とは一味違う、人が人として成長するためには欠かせない経験であると思います。
祭りや伝統は長い年月を経て熟成され、地区の文化として伝えられてきた、地域の誇りであり、それを守り続ける事は地域の存在の証明だと考えます。
他所で生まれ育った私でさえ、須江の伝統的獅子舞は素晴らしい物だと感じ、その魅力にとりつかれ、この伝統を守る事のお手伝いを出来ればと考えた事が、須江に住み着こうと思った一つの理由でもあります。

■本ホームページの目的は、「須江の獅子舞」及び「紀伊半島南部の獅子舞」を紹介することにあり、史実として、これが正しいと言った記事ではありません。文中において、誤った記載、歴史的史実の誤認、不適切な表現等がございましたら、ご指摘下さい。場合によっては内容、表現等を訂正いたします。
※祭、獅子舞などの由緒、由来、言い伝えなどは、地元の主張を全面的に参考にしての記載となっています。
■英語版翻訳ページの翻訳結果については、正確さは保証できません。

 ※「伊勢大神楽講社」以外にも、『伊勢大神楽』を名乗って活動する集団がありますが、国から重要無形民俗文化財の指定を受けているのは「伊勢大神楽講社」だけです。三重県桑名市 増田神社
 詳しくは、伊勢太神楽講社ホームページをご覧下さい。
 串本のポータルサイト
串本町内のWebサイトの入り口として立ち上がったホームページで、地元商店のホームページや企業、団体、特産品などを販売しているWebサイトを紹介しています。(串本のWebサイト全部が載っているわけではありません。)
南紀で篠笛を作る篠山工房のホームページ、須江獅子保存会の笛制作を一手に引き受けています。尾鷲市獅子舞笛の再現にも参加
製 作:WebNanki
住 所:和歌山県西牟婁郡串本町須江1039−1
e-mail: info@webnanki.jp
編 集:須江獅子保存会広報
e-mail: k-kawasaki@webnanki.jp
※申し訳ありません、メールは日本語だけでお願いします。

・南紀熊野地区で継承されている獅子舞を紹介した「南紀熊野の歴史と文化、祭り」を掲載中です。(現在50地区以上)
古座獅子を起源とした伝統的民俗芸能をお楽しみください。

 Since2002.12.1 By WebNanki